紅いお花が咲く頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

凍えながら年明け


我が家は毎年、大晦日に祖母の家に泊まって元旦を迎えます。


今年は特に、寒かったという印象が強かった。外の気温のことではないんです。確かに外もとっても寒かったですが。


祖母の家は広いけれど、古いからか部屋の中でもコートを着ていたいくらい寒いのです。
そんな寒いお家でお泊りです。


両親と弟は、エアコンのついた応接間で寝ます。暖房をすればちゃんと暖かいです。

私と祖母は、2階で寝ます。
昨年までは2階にストーブとガスヒーターがあったのですが、壊れてしまい、
吐く息が白くなるような温度の部屋で寝ることになりました。(本当に真っ白なんです)



一応、毛布と布団と薄い布団の3枚を重ねていたんですが、部屋が寒いので布団自体も冷え冷えなのです。
布団に入れば、暖まるどころか手足が余計に冷えてしまいます。

1時間くらいで手足は暖まってくれましたが、それでも全体的に寒い。
また寒い部屋で2,3時間過ごしたのでトイレ(1階しかない)に行きたくなってくる。
だけどせっかく暖まってきたのに今更布団から出たくない、という葛藤。


結局、そのまま眠ってしまったのですが、3時間くらい眠ってやはりトイレに行きたくて6時(かなり寒い)に目が覚めてしまいました。気合を入れて布団から出て1階へ降りたらまさかの使用中。凹む。

30分間くらい寝て、下に降りたら家族はお寺に出かけていました。寒いのにお疲れ様です。


やっとトイレにいって、再び布団に入って、気がついたら10時回ってました。 
それでも寒くて寒くて、壁に掛けてあった冷え冷えのジーパン履いたときは、布団の中で暖めておくべきだった、と激しく後悔しました。




以上、大晦日の夜の出来事でした(笑)


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Re: タイトルなし

寒さを感じていただけたなら、書いた甲斐があるというものです。

tocchi | URL | 2010/01/03 (Sun) 12:31 [編集]


読んでいるだけで寒くなってきました.風邪をひかないように.

kenken | URL | 2010/01/02 (Sat) 07:12 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。