紅いお花が咲く頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コノ キモチヲ



ちょうど、4年前もこんな気持ちだった。
嬉しかった。暖かかった。

お互いそう思ってるものだと思い込んでた。

だけど私だけだった。


私は、もっと知りたい、知ってほしい、仲良くなりたいって、一人で突っ走って、
最後は気持ちが強くなりすぎて、受け入れてもらえなくなって、壊れた。








嬉しかった。暖かかった。
ただ、楽しくお話しただけなのに、こんなにも嬉しい。
きっとこの気持ちは、私しか、私と同じような境遇だった人にしかわからないだろう。


対等に扱ってくれる人なんていなかった。陰で嗤われているのも知ってた。



だから、私を受け入れてまともに扱ってくれることが嬉しかった。別に確かめたわけでもないけれど、
なんとなく、ありのままの自分を受け入れてもらえるんじゃないかって思えてしまう。自分の事を話してもいいんじゃないかなって思える。

そういうのあんまりないから、それが暖かくて…でもそれじゃ足りずにもっともっと温もりが欲しくなって…
だから、もっと知りたくて知ってほしくて、もっと仲良くなりたいの。でもできない。

そんなことしたら、また、壊れてしまう。大事な時期にそれはいけない。





私は、そんな気持ちをくれる人を傷つけたくない。守りたい。だから…




ハヤク

コロサナクテハ。




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。