FC2ブログ
 

紅いお花が咲く頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Beatiful days

ナウでヤングで(?)ポップな曲はあまり聞きませんが・・・。
最近巷でよく聞くこの詩にキュンキュンしてウルウルしてたり。



今日もまた、夢の中で先生に会った。

周りの仲間たちはちやほやされ、私はとても怒られていた。


だけど最後は私の手をとってくれて、
雨の降る寒い夜にギュって抱きしめてくれた。






そろそろ夢だけじゃなくて現実の世界でも会いたいんだけどね。


この季節の寒い夜を一人歩いてると、学校からの帰り道を先生と一緒に歩いたあの日のことを思い出す。
不安だらけだった私を励ましてくれた(のかどうかは分からないけれど)。
憧れの先生のすぐ隣で歩けたことが、すごく幸せだった。
けど緊張しまくってて、まともにお話できたのかどうか全然記憶にない。
先生は、雲の上の自分とは違う世界の存在で、例えるなら、一昔前の、頑固で怖そうで近寄りがたいお父さん。一家の大黒柱。
むしろ本当のお父さんよりも、お父さんらしいんじゃないかと思う。本当のお父さんよりも、真剣に私と向き合ってくれたんじゃないかと思う。



父親のような人を結婚相手に選ぶ女性は多い、と聞いたことがあるけれど、
お父さんのような先生と一緒にいたいと思う私も、その法則にハマってる一人なのかな。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。